1. ホーム
  2. おすすめ通販サイト
  3. ≫バレないカラコンの選び方とオススメのバレないカラコン。

バレないカラコンの選び方とオススメのバレないカラコン。

おんなのこ
カラコンをつけたいけどバレるのが不安。
カラコン女子
バレにくいカラコンがあるから紹介するね。

 

カラコンをつけることでの効果は

カラコンをするとどう見えるのか。カラコンのメリット、効果について」を見てみてね。

バレないカラコンの選び方、探し方は2つのポイント。

学校や職場でもカラコンをつけていきたいですよね。

でもバレるのが心配なあなた。

バレないためのカラコンの選び方を紹介します。

 

バレるカラコンとバレないカラコンの差はどこにあると思いますか?

バレないカラコンのポイントは3つあります。

1つずつ確認しましょう!

 

バレにくいオススメのカラコンも紹介していますよ♪

バレる、バレないカラコンの差は1つ目は大きさ。

バレないためのカラコン選びで重要なポイントの1つ目は「サイズ」です。

 

カラコンの大きさは「DIA直径」で表現されており、

当然小さければ小さいカラコンほどバレにくいです。

 

しかし、小さいカラコンだと盛れないのでつける意味が無いでしょう。

では、どの大きさまでならカラコン着用がバレないのか。

その線引きをする必要があります。


当サイトでイチオシの安全カラコンを取り扱っている通販である
フォーリンアイズ(R)で、面白い実験があったので紹介します。

ここの実験での大きさは「レンズ直径(DIA)」ではなく、

「着色直径」のことなので気を付けてくださいね。

(詳細が気になる方は上記のリンクから確認!)

カラコンを12mm~13.8mmまで、毎日0.2mmずつ大きくしていって

カラコンをつけていることが、いつばれるのか?ばれないのか、という実験です。

 

 

カラコンが度のサイズでばるのか、その結果は、

気付かれた7名の平均日数は5.4日

 「12.8mm~13.0mm程度」

 

カラコンをつけているかは13㎜前後のサイズでバレてしまうことが多そうです。

 

この実験からわかるようにナチュラルにカラコンをつけてバレないサイズは、

着色直径13ミリより少し大きいくらいまででしょう!

DIA直径が14.0mmだとしたらたいていの場合着色直径は13.0mm前後なので、

バレないカラコンの大きさとしてはDIA直径を14㎜前後で考えてみましょう。

 

休日ならともかく、学校や職場だとDIA14㎜以下くらいが限界だという感じです。

 

大き目のカラコンでもバレない人はばれませんが、

急に大きいカラコンをつけると、バレることが多いので、

段階を置いて少しずつカラコンを大きくしていってつけるのがオススメです!

 

 

バレる、バレないカラコンの差は2つ目はカラコンの模様

バレないカラコンを選ぶ時、カラコンの着色部分のフチにも注目して選びましょう。

バレないカラコンを選ぶなら、基本はフチなしを選びましょう。

フチがあると、目がハッキリとしてデカ目効果もあって良いのですが、バレやすくなります

 

バレないカラコンを使いたいなら、カラコンのフチは無い方が良いのです。

最近のフチなしカラコンはほとんどが、使いやすくてバレにくい

「ぼかしフチ」になっています。

 

フチがぼかしてある事で、裸眼の黒目部分とカラコンの色が重なり合って、

バレにくいデザインになるのです。

そのため、バレないカラコンの選び方としては『フチ無しのカラコン』を選ぶようにしましょう。

 

 

バレる、バレないカラコンの差は3つ目はカラコンの色

バレない為のカラコンの選び方について、2つ目のポイントは色です。

茶系か黒系のカラコンが一番バレにくいと言われています。
日本人の瞳の色はが黒色か茶色が多いからです。

そのため、周りから違和感なくバレずに使えるカラコンの色が「茶系」「黒系」なのです。

 

カラコンをしていてもバレにくい、バレない色は日本人の裸眼に近い色です。

 

自分の瞳の色を確認してみて、茶色なら茶系のカラコン。

黒っぽいと思ったら黒系のカラコンがバレにくいです。

 

バレにくいカラコンの選び方と考え方おさらい

おんなのこ
「高度医療機器承認番号」ついている商品を選んでおけばとりあえず大丈夫ってことだね!
カラコン女子
そうだね。だけど商品の安全性だけではなく、カラコンを販売している会社がどうかも気にしてみよう。

 

チェックポイント!
・「高度医療機器承認番号」ついている商品を選ぼう。
・「通販でカラコンを買うのは危険?安全な通販サイトの見分け方!」も見ておこう。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。